きのぴぃ出帆発行第一弾!

その名は、
「百戦錬磨の婚活OBが語る
30代低スペック男子がカップリングパーティで嫁さんを見つける法」
うっ、長い…(;^o^A
「低スペ」とでも呼んでほしい。
 
これは、ズバリ!おいらの体験談をまとめた物なのだ。
 
この当時、名も知られていない小さな会社に勤めていたおいら。30代になってから、周りが結婚するのを見て、少々焦りが…。
たまたま、カップリングパーティなる物をたまたまインターネットで見つけ、清水の舞台からという思いで、飛び込んでみた。
 
「百戦錬磨」っていうタイトルがある位なので、始めからうまくいった訳ではなかった。
そんなこんなで、婚活から4年掛かってしまったが、低スペック男子なおいらでも結婚することができた。
 
時々、TVで60代の男女のカップリングパーティの様子が映し出されることがあるが、60代になってしまうと、(人にもよるが)頭ガチガチになってしまうためか、自分を変えようにも変えることができなくなるようだ。
 
つまり、若い頃に、結婚、あるいは恋愛をした人は、それなりの成果を出せているようだが、60代までずっと独身を貫いてきた人は、オロオロするばかり。
中には、「自分に多額の保険が掛かっており安心です」なんて、とんでもない発言をしているおじいちゃんも。
 
これを見ていると、婚活するなら、頭が柔らかく、体力でも油の乗った時期でもある30代が、絶対いいと思いましたぜ。ダンナ。
若い頃に変われた人であるならば、「昔取った杵柄」ではないが、年を取っても、楽しい未来が待っていると思う。
 
巷では、多分、相当スペックが高い人ではないかと思われるが、超上から目線で、カップリングパーティには「こんなヤツがいた」というように書いてある本やカップリングパーティのカリスマ(カリスマって自分で言い切ってしまう所が凄いと思う)と名乗る一般論で書いている人の本はいくつかあるが、低スペック男子の目線で書かれた書籍は、おいらが知る中では、残念ながら存在しないのだ。
それなら、おいらが書いてやろうということで、出版したのが、この第一弾。
婚活ネタ以外も現在鋭意作成中。きのぴぃ出帆のラインナップも拡充していきますっ!

なぜ、「出版」でなく、「出帆」?

「出版」でなく、「出帆」としたのは、たまたま字を変換した際に、この文字が始めに出たのがきっかけ。船が出港する「出帆」だ。
「ひとり出版社という小さな船を出帆させる」
今回のプロジェクトにぴったりのネーミングだ。
ひとり出版社として、「きのぴぃ出帆(しゅっぱん)」を立ち上げ、PNも本名の「木ノ下陽一」ではなく、「木下ようゐち」としている。
この日のために、何年か前にkinopy.infoとは別にkinopy.bizというドメインを取得。ようやっと有効活用できる日が来た。現在は、ぱっとしないこのサイトであるが、今後、多少は見栄えよく、かつ充実していきたいと思う。
 

「大手出版社がやらない企画をやろうプロジェクト」について

いきなりですが、「きのぴぃいんふぉ」の主宰者である きのぴぃです。
 
自己表現ということで、インターネットが日本でも流行りだした頃からホームページを立ち上げ、最近ではブログを運営しているが、以前から暖めていた「大手出版社がやらない企画をやろうプロジェクト」を是非やってみたいと思っていた。
本という世界でも、自己表現をしてみたいのだ。とはいっても、お馬鹿なことをやってTwitterなどで巷を騒がせるようなことはしないけれど…。
 
自分で本を出版するには、今まで自費出版しかなく、自分は損するが、その本を印刷した出版社が儲かるという明らかにリスクが高い方法を取らざるを得なかった。
コネがあれば、出版社に企画を持ち込んでという方法もあるが、今のおいらには、そういったコネは一切なく、「大手出版社がやらない企画」なんぞどこの出版社も相手にしないのは間違いない。
だからこそ、自分でやりたいと思った。
 
あくまで趣味の一環で行うことなので、本業に支障のないようにするのは、雇ってくれている会社に対して当然であるので、儲かるように頑張ろうということはあまり考えていない。
だが、ローンを抱える家族持ちである以上、リスクがあるのは非常に困るのだ。
 
最近、KindleやKOBOなどが騒がれるようになり、電子出版という敷居が低い選択肢も登場したが、儲けの一部を配給元に払うことで出版できる。リスクも自費出版に比べたら、格段に低い。
 
実際に、電子書籍を購入すると、通常の書籍よりもあっという間に読破してしまった。おいらみたいなセッカチさんにはうってつけではないか。しかも、端末が小さいのに、色々な書籍が入れられてしまうので、持ち歩きに便利。まさに持ち歩ける本棚ではないか。
紙の書籍もなくなることはないだろうが、電子書籍はこれからの主流になるのではないかと思う。
 

迷惑メールから学ぼう! ネット犯罪の手口はこうだ!


ネット社会である昨今、便利になったのと引き替えに、各個人のプライバシーは自分で守らなくてはいけない世の中になってしまった。
人との付き合いが気薄になり、信じられるのは家族だけなんてことも…。

そんな世の中だからこそ、暗く考えないで、迷惑メールを題材に、ケーススタディーで詐欺行為の手口や身の守り方について学ぶと共に、迷惑メールを採点して、笑い飛ばしてやろうじゃないかというのが、この本の趣旨。

これを読めば、毎日来る迷惑メールも更に楽しくなる?
amazon Kindle版楽天KOBO版 好評発売中!

百戦錬磨の婚活OBが語る 30代低スペック男子がカップリングパーティで嫁さんを見つける法


筆者は、4年間の「婚活」を経て、30代に結婚し、只今子育て奮闘中。参加したカップリングパーティは、数知れず…。
その経験を元に、もっと30代男性には頑張って欲しいと今回電子書籍を刊行した。

「婚活」というと、以前はガツガツしているとか、焦っているとかいうイメージがあって、どこか後ろめたい感じがあったが、最近では爽やかなイメージに定着しつつある。
カップリングパーティに参加するのだけれども、いつもダメなんだよねぇと「真剣に結婚相手を探している」人もこの本を読んで是非頑張ってほしい。

amazon Kindle版楽天KOBO版 好評発売中!

マンション管理組合の運営方法を簡単に解説 マンション管理組合のお役目が回ってきたら読む本


大きなマンションになると、管理組合というものがあり、毎年輪番制で交代するケースがある。

輪番制なので、初めて管理組合の理事になると、何をやっていいのかというのがあると思う。

筆者もその経験者の1人であるが、理事長になり、何をやったらいいのか分からず、マンションの規約集とネット情報を元に手探りの状態だった。

当時住んでいたマンションは、いくつか問題も抱えていたこともあり、理事及び管理会社と協力し、1年間試行錯誤理事長の業務を行った。

初めて管理組合理事(特に理事長)になった人のための簡単なマニュアルがあったらいいのに…と思い、今回発刊するに至った。マンションの理事長になった人には、是非読んでほしい。
amazon Kindle版楽天 KOBO版 好評発売中!